RSS
Admin
Archives

今日も散歩に~○△□から~

大切な家族~愛する鳥ちゃんたちも~といっしょに、山あり谷ありの毎日を散歩気分で綴ります。

カレンダー
プロフィール

sankaku.mh

Author:sankaku.mh
小さなパン屋と
小鳥のお母さん
それと
時々 テニスも

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

<ハッピー>
ハーブガーデンに眠る天使

赤ちゃんハッピー


ハッピーとマル&ひなたとの今までのお話は「マル・サンカク・シカク~○△□~」





みんなで作る鳥の楽園とりっち


最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.04
14
Category : 暮らすこと

マル お休みカバーをかけて 暗くなると
決まっておしゃべり
病院へ連れて行った時も 車の中でも
暗くなると おしゃべりを始めるんだ

そして

寝る前は
おしゃべりが終わったら ポリポリポリ
ごはんを食べるんだ 

あまりかわいがり過ぎると 発情過多になる
おもちゃをつけると 発情過多になる

小鳥の健康のために いろんな本も読んだ
ネットであちこちの情報を探して回った

マルには長生きしてほしい
マルには安らかに過ごしてほしい

そう思うんだけど

はたして
マルは何を望んで過ごしているんだろう
なんてことを考えた

きっと 難しいことは考えないんだろうな
でも 小さい体で いろんなことを感じて
デリケートな性格のせいで
ちょっとしたことを気にして体調を崩したりしながらも

自分が家族のみんなのまとめ役だとでも思っているんだろうな
まさに まとめ役だったりして




ひなたが治らない病気になったとき
見ていてかわいそうなくらいの姿でも
「小鳥は落ち込まない」
「生きる意欲を失わない」
ドクターが言われた

ヘルニアの手術の適期は逃したと
もう手術は無理だと言われて
悲嘆にくれたけれど

よく考えると手術をしたことで
ひなたに残された時間を奪う結果になったかもしれない

ひなたがヘルニアになってしまったことにしても
そうならないように 毎日毎日 注意深く過ごさせていたつもりだった

「ボタンの掛け違え」
どんなに気をつけていても なるようにしかならないことがある



人であれ 小鳥であれ
いつかはお別れがくる

もしかしたら
私自身が お先に失礼することだってある

そんな当然のことを改めて実感して
楽しいことも 悲しいことも
過ぎればすべては夢のよう
そんなこともあったんだ
てな感じで 思い出すんだと

決まりもしない先の先を案ずるよりも
なるようになっていく
そんな流れに任せて

マルのことも 自分の毎日のことも
考えていきたいと思う






スポンサーサイト

Comment

非公開コメント