RSS
Admin
Archives

今日も散歩に~○△□から~

大切な家族~愛する鳥ちゃんたちも~といっしょに、山あり谷ありの毎日を散歩気分で綴ります。

カレンダー
プロフィール

sankaku.mh

Author:sankaku.mh
小さなパン屋と
小鳥のお母さん
それと
時々 テニスも

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

<ハッピー>
ハーブガーデンに眠る天使

赤ちゃんハッピー


ハッピーとマル&ひなたとの今までのお話は「マル・サンカク・シカク~○△□~」





みんなで作る鳥の楽園とりっち


最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.01
03
Category : 暮らすこと
いつからか
新年のご挨拶がこわくなった

「おめでとうございます」って言われた相手は
はたして本当に 喜んで新しい年を迎えられたんだろうか

そんなことを思うようになって

全校集会の壇上で 校長先生が当たり前のように
「新年あけましておめでとうございます」っていうのを聞いて
この中には両親を亡くした子もいるのに・・・

そう思ったのが始まりだったかもしれない

わたしはといえば
父が亡くなって以来
苦手なお正月が もっと苦手になってしまって

当たり前のように交わされる「おめでとう」に
疑問符を返したくなるので

「おめでとう」って言えない
「今年もどうぞよろしくお願いします」
これが決まり文句

ずっと 心は喪中なんだ
失ったものを ずっと引きずってる

今年は ひなたんのこともあったので
年賀状は失礼した
いただいた方へ 寒中見舞いを出すつもり

今日 やっと 旦那と初詣に行った
地域の氏神様へ 「大原野神社」

雪の石段をあがっていくと
いっぱい思い出とすれ違った

ついつい 涙目になってしまって
旦那に知られないように目をこすった

過ぎ去った時間がなつかしい
それもある
失ったものが恋しい
あるかもしれない

そんなこんなを
新しい年とともに 前向きな力に変えていける
そんな時が来たら

言えるかもしれない
「おめでとう」って

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント