RSS
Admin
Archives

今日も散歩に~○△□から~

大切な家族~愛する鳥ちゃんたちも~といっしょに、山あり谷ありの毎日を散歩気分で綴ります。

カレンダー
プロフィール

sankaku.mh

Author:sankaku.mh
小さなパン屋と
小鳥のお母さん
それと
時々 テニスも

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

<ハッピー>
ハーブガーデンに眠る天使

赤ちゃんハッピー


ハッピーとマル&ひなたとの今までのお話は「マル・サンカク・シカク~○△□~」





みんなで作る鳥の楽園とりっち


最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.02
20
Category : 鳥ちゃんたち
もっと もっと
マルちゃんのお家をバリアフリーにしたいんだけど

去年の秋までは
病院へ行ったとき ドクターが
「マルちゃん まだまだ 10歳までいけるよ」
っておっしゃっていたんだけど

11月のはじめごろから
お鼻の様子も できものの様子も
変わってきてしまって

年が明けてから
病院で いつものように わたしが
「マルちゃん 10歳までは がんばれるよ」
って言ったんだけど
ドクターの表情は かたかった?

人も小鳥も 寿命はだれにもわからない
ただ できるだけのことをするだけ

左の足の握る力が入りにくくて
足をべたんとついているマルちゃん
右足も具合がよくないのか
おうちの止まり木の移動が 大変そう

でもね
ロープパーチは怖いんだって
赤ちゃんの頃は平気だった
お座りテーブルもダメなんだって

マルに 気づかれないように
少しずつ 止まり木を下げていってる
それと
ドクターのアドバイスどおり
天井を下げるんきゃなくて
床を上げた
だから 止まり木と床はすぐ近く
いつでも 床でくつろげるんだけどな

マルはいつものように止まり木にとまるんだ
マルのプライドでちゅか~

今日も もちろん お母さんは急いで帰ることばかり考えてる
ブログはお店で書いてるけどね

ひなたんが いたころ
パソコンへお母さんが向かうと
ひなたんはじっと待ってた
今はダメなんだって

そんな思いをマルにはさせたくないからね
家ではパソコンしないよ
マルがねんねしてからにするよ

大丈夫 大丈夫
ひなたんは 強かったよ
マルよりもっと 大変な時も
がんばってたよ

大丈夫
マルにもお母さんがついてるから
こなっちゃんも いるよ

暖かくして 安静にして
ご飯をいっぱい食べて
お薬のお水をしっかり飲んで

大丈夫
マルはおりこうさんだから
スポンサーサイト
2018.01
08
Category : 鳥ちゃんたち

マルが家族になって
今日で8年

実家のお母さんに「大切にします」って約束して
プラケースにマルを入れて わが家へ連れてきた

信号待ちのたびに「ちょっと待ってね」っていうと
「チュリ」ってお返事してくれた

さびしがってガサゴソする赤ちゃんマルを
夜中にプラケースから出して抱っこした

時は流れて
今では わが家の影のボス
マルちゃん 貫禄たっぷりです

これからも 毎日楽しく過ごそうね
マルのしたいこと いっぱいしようね

あごでじゃなくて くちばしで
素早い横はしりステップで
羽ばたきで
お母さんに いろんな思いを伝えてくるマルちゃん

これからも お母さんをこき使ってください
2017.12
14
Category : 鳥ちゃんたち

あきらめてるわけじゃない
平気でもない
でも
ずっといっしょには無理だってわかってる

だから
今日一日 朝もいつものとおりに遊ぼうね
お仕事から帰ったら またいつものとおり遊ぼうね

マルがいろいろがんばってること
お母さんにはわかってるよ

マルちゃんができるだけ しんどくないように
マルちゃんが できるだけ毎日を楽しく過ごせるように
お母さんにできること 教えて

今日は お仕事へ行く前に
こっそり こなっちゃんにお願いした
「マルちゃんのこと頼むよ」って

お仕事中も もちろん 見てるよ
いつも マルとこなつのこと見てるよ
2017.11
30
Category : 鳥ちゃんたち

ハッピーちゃんが突然天国へ行って
どこへ行くときも 小さくなったハッピーちゃんと一緒だった

家から車で行ける小鳥やさんを探し回って
ハッピーを探し回った

もちろん もうこの世にいるはずなくて
見つかるはずもなかった

そして
今度は家におこもり パソコン徘徊

セキセイインコの里親募集のブログとの出会い
(今はもうブログを閉じておられます)

マルとの出会い

12月の初め生まれで
1月8日にわが家へ

マルが生まれた日は はっきりとわからなかったんだけど
なぜだか最近
12月8日生まれだ って 思うようになった

だから
マルの誕生日は 12月8日 ってことにしようね

次の日は 大きいお兄ちゃんの誕生日だから
一日違いということで

誕生日には特別なことはしないでおこうね
マルは 毎日が誕生日みたいなもんだ
毎日 マルはわが家の小さな影のボス

今日も お仕事が済んだら
大急ぎで マルとこなつのところへ帰るよ~
2017.11
14
Category : 鳥ちゃんたち

ハッピーちゃん
2008年4月2日生まれ
2009年11月14日6:30天国へ

DVC00072.jpg

今も 時々やってきて 励ましてくれる
というか
今は いつもそばにいるんだ


ハッピーと出会ったおかげで
ひなひなハッピーのぬくもりのおかげで
空っぽの心があたたまった
「そうだ 家に帰ってハッピーとぬくぬくしよう」って

初めての女の子
ちゃんとした知識もなくて
性別もわからないままにひたすら かわいがった

7か月で 初めての卵を産んだ
その時 ハッピーが女の子だってわかった

家にいる時は いつも「出して出して」だったから
外から帰ると すぐにお家をオープン
いつもいっしょにいたよね

一応 動物病院も見つけていたけど
小鳥にはあまり詳しくない
けど やさしいお医者様だった



2009.11.14 土曜日 急に寒い朝だった
パソコンで テニスコートの予約を朝一番にしようと思って
6:00前から待機して 6:00と同時に予約OK
さあ もう一度 二階へ上がって 二度寝
と思った時の ハッピーの声だった

声というよりも キュウキュウという異常な声
大急ぎで ケージを見て ハッピーの異変に気付いた

脚もたたないのに翼で這うように出てきたよね
手の上に乗って おめめを閉じてしまったから
「ハッピーちゃん!目を開けて!」って何度も呼んだよね
両手で包んで 何度も 温めようと息を吹きかけたよね

旦那も次男も起きて来て
みんなで オロオロする中
ハッピーちゃんのおめめが開かなくなって
時計を見たら 6:30 だった

あの時のことを思い出すと
何度も ごめんねって泣いてしまう

旦那は
「ありがとう」って言ってあげな
って言ったけど



ハッピーに ありがとうって言えるようになったのは
それから 何年もたってから

ずっと かわいがり過ぎたわたしのせいで
たった1歳半で 天国へ行ってしまった
としか思えなかったから



小鳥と暮らすっていうことは
どうすればいいんだろうって
ハッピーからの宿題の答えが見つからなかったから



今では
ハッピーと出会ったことも
ハッピーがあんなに早く天国へ行ったことも
全部全部に 感謝して 受け入れることができる

姿がなくなっても
いつもハッピーを感じているから

マルが来て
ひなたが来て
ひなたが天国へ行って
こなつと出会って
こなつが来て
時が流れて

「小鳥と暮らすこと」
ハッピーからの宿題も
少しづつできてきた


それは 長くなるからまた今度


人も小鳥も
持って生まれた寿命があって
果たすべき役割があって

いつ 寿命が終わるのか
どんな役割があるのか

わからないんだけど

ただただ
与えられた時間を大切に
小鳥のような ピュアな心で
精一杯 毎日を過ごすことしかないって

最近は そんな風に考えるようになった

今の毎日
旦那と二人でお店をしていることも
家にマルとこなつがいることも
息子たちのことも

全てのことに感謝して
何が大切か 考えることをなまけずに
過ごさなくちゃ
そうな風に考えるようになった


全部 教えられたことだ
ハッピーちゃん


マルちゃんはもうすぐ8歳になる
こなっちゃんは 2歳と7か月

20171114marukonatu_convert_20171114163159.jpg


ひなたんは
ハッピーといっしょにいるんだ

DSCN0572_convert_20140210163109.jpg



小鳥と過ごす時間
しあわせ時間


いつかは お別れするときがくるけど
わたしが先に逝くんじゃなくて


かわいいから 大切だから
ちゃんと 天国へ行く時まで
かけがえのない時間を 大切にいっしょに過ごしたい