FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

今日も散歩に~○△□から~

大切な家族~愛する鳥ちゃんたちも~といっしょに、山あり谷ありの毎日を散歩気分で綴ります。

カレンダー
プロフィール

sankaku.mh

Author:sankaku.mh
小さなパン屋と
小鳥のお母さん
それと
時々 テニスも

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

<ハッピー>
ハーブガーデンに眠る天使

赤ちゃんハッピー


ハッピーとマル&ひなたとの今までのお話は「マル・サンカク・シカク~○△□~」





みんなで作る鳥の楽園とりっち


最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.08
09
Category : 鳥ちゃんたち

朝と夕方
マルちゃんとこなっちゃんと過ごす時間
しあわせ時間

一度にたくさんシードをあげると食べ過ぎるので
朝と夕方の外遊びの時に
それぞれ小さじ摺り切り一杯
それぞれのごはん入れでお母さんの手の上で食べる

ごはんの用意ができるまでの間
もう赤ちゃんでもなく いい歳のふたりが
ち~ち~と鳴いてみたり
反復横走りしたり
ごはんの周りを飛び回ったり

なんか 犬っぽくないかな(犬とは暮らしたことないけど)

こちらの言うことも
言葉としてじゃなくて
鳴き声として意味を理解してるようだ

最近のマル
 「マルちゃん捕まえるよ」って言うだけで
あわてて おうちの隅っこへ行って ギイギイ泣く

こなっちゃんの賢さは
マルちゃんのすることを見て
自分のすることを考えてるところ

こなつの流行は
「マルちゃん お家へ帰ったよ」と言うと
自分でお家へ帰っていくこと

マルが出ていたら
絶対に先にはお家へ帰らないけどね


手のひらに乗る 小さな小さな鳥ちゃん
きれいな色をして きれいな声で鳴く
そんな 鳥ちゃんが
意思を持ち 意思を示し
時には 人間に対しての気持ちまでも表してくれる

愛情や気配りだけじゃない
怒ってるよって そんな気分じゃないよって
いろんなことを 伝えようとしてる

きっと わたしは 人間の家族以外には
小鳥だけしか家族として迎えることはないだろう
小鳥の家族も これ以上新たにお迎えすることはないだろう

息子たちがそれぞれの家族をもって独立したら
旦那とわたしは マルとこなつの お父さんとお母さん

ちょっと 小さ過ぎるわが子との時間を
人間のわが子と過ごした以上に
大切に 心に刻みながら 過ごしていくんだろうな

20180311marukonatu1_convert_20180316093805.jpg


20180621marukonatu_convert_20180701183422.jpg
スポンサーサイト
2018.08
03
Category : 鳥ちゃんたち

もう 姿が見えなくなった 愛しい鳥ちゃんたち
お盆でなくても 今もいつでも そばにいてくれてるって信じてる

1歳半で天国へ行った ハッピーちゃん
4歳半で天国へ行った ひなたん

まだ 仕事が忙しくて まるで 鶏みたいに扱っていた
ポッポちゃん 
(きっと7歳ぐらいで天国へ)

みんな みんな 今でも大事大事だよ

わが家には
鳥ちゃんたちと過ごした時間がいっぱい詰まってる

時が過ぎて
姿が見えなくなっても
変わらずに

赤ちゃんハッピー

DSC07016_convert_20110628153806.jpg

DSC07059_convert_20110710143705.jpg
2018.07
26
Category : 暮らすこと

「早起きは三文の徳」
とよく聞くけど
冬場の早起きは 毎年辛い辛い

ついこの間まで
起きるころに外が明るくなるのを心待ちにしていた
と思うのに
今やこの暑さ

今年も旦那がサマータイムで
朝7時半からお店を開けるというので
今年はわたしも
朝早くから開店準備だけにお店に行くことにした

4時過ぎに家を出る旦那の気配で目が覚めて
5時前には起きて 洗濯などなどの家事をして
6時から店へ
マルとこなつが起きる時間は7時
それまでには帰宅して
マルのおはようのあいさつを聞く

それから
いつも通りの家事と
いつも通りのマルとこなつとの時間を過ごして
いつもより 少し遅くに お店に出勤

つまり 毎日 お店に2度出勤

早朝のドライブはエアコン不要
車も少なくて 快適な通勤

いつもの時間の出勤よりも気持ちいい

ただそれだけのことだけど
すごく 得した気分
プライスレス!
2018.07
19
Category : 暮らすこと

旦那と二人でお店を始めて7度目の夏

目に見えるもので 変わらないものはなにもない
みんな変わっていく

今年は異常気象が続き
今はかつてないほどの暑さの毎日

当たり前だけど
パン屋さんへパンを買いに来られる人も減る

でも

パンが売れることよりも
お店に立っていてうれしいことがあるのです

お店をしなければなかった
教え子やその保護者の方との 再会
ここでお店を始めたからこその
お客様との出会い

あと数年で 出会って40年になる旦那とふたり
ほぼ ほぼ 24時間いっしょにいる この時間

全部 全部 たからもの

そんなふうに 思えるのも
きっと 人や出会いに恵まれているからなんだろう

忙しいときは
忙しい 忙しいとバタバタする

時間があるときは
マルとこなつのおしゃべりを聞きながら
たとえば 黄昏時の空を
わが家のソファーでぼーっと眺める

全部 全部 たからもの

目に見えるものが どんなに変わっていっても
過ごした時間は 変わらない

大切に 忘れないように
心に刻んでおこうね
2018.07
13
Category : 暮らすこと

当たり前のことだけど
少し先でも 未来に何が起こるかなんてわからない

今までになく 降り続いた雨
今までになく 大きく揺れた地震

これからもきっと
経験したことがないようなことが起こるんだろうな

自然災害で 被害にあわれた方々
大切な人を亡くされた方々

わたしができることは なにもない
何もないけど 遠くからエールを送る
何もないけど 思いを馳せる

そして
もっと もっと
がんばって 生きる
もっと もっと
正しいと思うことに忠実に生きる