FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

今日も散歩に~○△□から~

大切な家族~愛する鳥ちゃんたちも~といっしょに、山あり谷ありの毎日を散歩気分で綴ります。

カレンダー
プロフィール

sankaku.mh

Author:sankaku.mh
小さなパン屋と
小鳥のお母さん
それと
時々 テニスも

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

<ハッピー>
ハーブガーデンに眠る天使

赤ちゃんハッピー


ハッピーとマル&ひなたとの今までのお話は「マル・サンカク・シカク~○△□~」





みんなで作る鳥の楽園とりっち


最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.03
22
Category : 暮らすこと

マルちゃんの尾脂腺のできもの
あんなに大きくなっていたのに
どんなことになっていくかと案じていたのに
3年前の始まりのころのようになって
不思議な気分

無理かと思いながら
何度も 何度も お祈りをしたから
あの夜の暗闇の中で
神様がそっとできものをとってくださったとしか思えない

ドクターは
「マルちゃんが気にしすぎて噛んだりいじったりしなかったから」
と 相変わらずの甘えん坊のマルを褒めてくださった

小さくなったとはいえ
相変わらず 尾脂腺にできものはあるし
マルのお鼻の色も様子も
2年ほど前から青くもなく 角質化していて
歳をとったんだなと実感する

でも
重たかったできものがなくなって
以前のように
こなっちゃんと遊んだり
お父さんと遊んだり
それなりに軽快なフットワークを披露したり
活発なマルちゃんになった

ドクターからは
「発情させないようにくれぐれも気を付けてください」
と言われているので
今までどおり
午後6時までにはネンネ 朝7時以降に起床
こなっちゃんにご飯をあげるのは禁止
(こなっちゃんは男の子なのに ごはんもらう側なんだよね 
守っていかなくちゃ

わたしはと言えば
マルとこなつのほかの息子たちがそれぞれの生活を始めたし
お父さんと二人のお店についても
無理をせずに続けるペースができたし
そろそろ
お店を始める前にしていたことを 少しずつ始めた

もちろん
家族みんなに対して役割を果たそうとはしていくんだけど
人間の息子たちとは 少し離れても大丈夫かなと

さて
もうすぐ新年度
新しい元号も発表される

やっぱり 新たな始まりかな
スポンサーサイト
2019.03
05
Category : 鳥ちゃんたち

マルちゃんのがんばりへの神様のご褒美か

マルちゃんの尾脂腺のできもの
去年の5月にも 分泌物の塊をマルがとって少し小さくなったことがあったけど
最近は以前にも増して大変なことになっていた

かかりつけのドクターも ついに
外科手術のお話をされた

お母さんは話を受けてパニクッたけど
マルの年齢のことも考えて やはり
神様にお任せすることにした

覚悟を決めて
マルがマルらしく過ごす時間を何よりも大切にしようと思った

その数日後
できもの本体から大きくなってぶら下がっていた
分泌物の塊が 取れた
大出血もなく 取れた

神様にずっと お祈りしてきたことが起こった

何が起こったかわからないくらい驚いたのはマルちゃん
半信半疑の様子で
次の日から 今までできなかったことを少しずつやってみている

お母さんは油断はしない
でも 信じる
マルが神様からもらったここでの時間を信じる

お留守番してるマルとこなつをスマカメでチェック
できなくなっていたことを ケージの中でもしているマルちゃん
それにケージ越しにお相手するこなっちゃん

春はもう来ているんだ

全てのことに感謝します
2019.02
15
Category : 鳥ちゃんたち
毎日 お世話させてください
マルちゃん こなっちゃん

朝7時に 2階の寝室へマルとこなつを起こしに行く
起きる時間に 朝のおしゃべりを聞かせてくれたら
お母さんは 気分がルンルン
(おしゃべり担当は」以前はマルちゃんだったけど
最近はこなっちゃんが担当の時もあるね)

両手にケージをもって
ゆっくり 階段を下りて
日中を過ごすリビングの横の小鳥部屋へ

小鳥部屋は 年中空調完備
温度 湿度を デジタル温室計で管理
湿度は 洗濯物の室内干しで調節
マルちゃんとこなっちゃんの温度は違うように設定

朝8時ごろまでから 朝の外遊び ごはん 掃除を始める
マルちゃんはずっとお母さんの手の上
こなっちゃんはいろいろ遊ぶ

朝の日課が終わったら
日中はマルとこなつだけの時間
お母さんはお仕事やテニスやいろんなお出かけ
マルとこなつはお互いがなくてはならない存在

お母さんはお休みの日に
マルとこなつの横のソファーでお昼寝するのを楽しみにしてる


午後5時までには 夕方の外遊び ごはん 掃除を始める
マルちゃんはずっとお母さんの手の上
こなっちゃんはいろいろ遊ぶ

午後6時ごろには お休みカバーをかける
小鳥部屋は雨戸も占めて リビングとのドアも閉めて
安静にネンネ
こなっちゃんは寝る前のおしゃべりが日課
(以前は担当マルちゃんだったんだけどね)

午後9時ごろ 2階の寝室へマルとこなつをつれて上がる
ケージが揺れないように
お一人ずつ (笑)

お母さんの用事が全部終わったら
マルとこなつのそばでお母さんも就寝

こなっちゃん
寝言が多い
怒ったり チュリチュリ言ったり 怖がったり
昨日の夜も (汗)

マルちゃんはめったに夜中は騒がない
(以前は毎晩 暗闇飯してたけどね)

マルとこなつと過ごす毎日
365日
ふたりの小さすぎる息子たちの成長とともに
少しずつ変わってはきたけど
これからもずっとお世話させてください
2019.02
12
Category : 鳥ちゃんたち

マルちゃんが初めてお医者さんへ行ったのは
お母さんからご飯をもらわなくなってから
2週間くらい間隔をあけた方がいいって
マルの実家のお母さんからアドバイスをもらったから
ちょうど2月の中頃になった

初めて行く動物病院へ
車で 初めての道を行った
ドキドキしながら行った

あれから 9年が過ぎる

あの頃はちっともじっとしていなかったマルちゃん
今は段差のない止まり木のお家で
ごはんの場所
チュリチュリの場所
こなっちゃんと一番近い場所
その3か所を どっこいしょって動く

マルは小さいころから体が弱くて
(というか マルのちょっとしたことにもお母さんが敏感で)
何度も何か所も
お医者さんへ行った

ひなたんのおかげで
今のドクターに出会って
数えきれないくらい助けてもらった

目が赤くなったこともあった
鼻風邪をひいたこともあった
ウン○が出なかったこともあった
ごはんが食べられないこともあった
つぶつぶウン○が出たこともあった

今はふたつ 体調に問題を抱えてるんだけど
いつも マルには
「大丈夫 お母さんが全力でマルちゃんを守るから」って言ってる
そして
「大丈夫 神様が守ってくださるから大丈夫」って言ってる

1月のある夕方
マルちゃんの様子がおかしくて
お母さんは覚悟した
一晩中 横で付き添った
何度か夜中にバタバタして出てきたけど
(こなっちゃんは何が何だかわからなくてこわがっていたね)
天国のハッピーちゃんやひなたんにも お祈りしたけど
「まだだよ」って追い帰されたみたい
マルちゃんは乗り越えた

これからも マルちゃんのこと
お母さんが全力で守る

あんまり マルちゃんばかり優先するから
最近 こなっちゃんがすねたり お母さんに怒ったりすることがあるけど
こなっちゃんは賢いから わかってくれるよね
それに こなっちゃんもマルちゃんが大好きだもんね

大切なマルとこなつ

マルも大切
こなつも大切

お母さんは全力でマルとこなつを守る

2019.02
05
Category : 暮らすこと

前職で忙しくしていたころは
2月が好きだった
「あともう少しで年度末だ~!」って
なのに
ここ数年 あまり好きじゃなかった
なぜだかわからないけど
今年は これまたなぜだかわからないけど
2月がうれしい!
誰かに 何かをしてもらおうとか
何かに 自分を持ち上げてもらおう
なんて考えていないで
自分で
いろんなこと
きりかえる!